暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
うつわや店主の日々ごはん

カテゴリ:ウチごはん( 905 )

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

里芋のトマト煮

e0130536_13584386.jpg
うつわ:水谷和音 縞輪花4寸鉢(次回更新予定)

その他のメニュー:お揚げの餃子・ブロッコリーのツナ和え・ちりめん山椒・味噌汁(大根、わかめ)・ごはん

とうもんメモ:休日に知人のおうちに伺ったら、たくさんお野菜をいただきました。
まずは里芋。里芋は下処理があり、結構そのつど料理すると面倒なので、いっきに大鍋でゆでて、いろんな形に加工し、冷凍保存したりします。
こちらは、一口サイズに加工したものを使って。
毎回和食ベースだと私の場合、飽きてしまうので、たまにトマトソースで炊いたりしています。
今日は、ベーコンと一緒に炊きましたが、ミートボールでも鶏モモでもおいしいです。
あまったら、チーズをかけても、うちの子の場合、大喜び。

(材料)
・里芋 適量(1袋分くらいでしょうか)
・トマト缶 1個
・トマトケチャップ 大さじ1
・塩 適量
・ベーコン 3~4枚
・ガーリックオリーブオイル 適量

(作り方)
1.鍋にガーリックオリーブオイルを熱して短冊に切ったベーコンをカリカリになるまで炒める。
2.トマト缶を加えて少し煮詰める。(トマト缶の場合少し酸味があるのでお砂糖か、ケチャップを足すと酸味が和らぐ)
3.煮詰まったら、ゆでて食べやすい大きさにきっておいた里芋を加えて1煮込み。
4.仕上げに塩で味付け。パセリをお好みでちらして。

(このうつわのココが好き)
次回更新予定、水谷和音さん。とうもんでは初めてのご紹介となる熊本の作家さんです。
この4寸サイズは、ちょうどポテトサラダ一人分にピッタリ!というサイズ。とても使い勝手がよいです。
和にも洋にも重宝しそうです。
どうぞお楽しみに。


レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

レンコンのクリームチーズ和え

e0130536_16185710.jpg
うつわ:松村英治 焼締4寸半段皿(次回更新予定)

その他のメニュー:コカブとベーコンのスープ・大根カツ・ひじき煮・ごはん

とうもんメモ:久しぶりの投稿になります。すみません。
レンコンがとにかく大好きです。特にこちらでは、徳島がレンコンの産地なので、新鮮な徳島レンコンが手に入りやすく、常に冷蔵庫にある状態です。徳島レンコン、本当においしいですよね。
また、喉にもよいようなので、常に食べるのはきっといいことだ!と思い積極的に子供にも食べさせています。

お正月番組の何らかのお笑い番組(たくさん見たので忘れてしまった・・・)で、レンコンとクリームチーズはあうよ!といっていて、このようなものを作っていたので、私も早速作ってみました。レシピまではのっていなかったので、自己流ですが・・・。
ちょっと塩を利かせて、黒コショウたっぷりがおいしいかなと思います。

(材料)
・レンコン 1節
・クリームチーズ 2個(キリの小さいもの2個使用)
・オリーブオイル 適量
・塩 適量
・黒コショウ お好みで

(作り方)
1.レンコンは皮をむきスライス。しばらく酢水につける。
2.オリーブオイルを多めにフライパンにひき、1.の水を切ったものをよく炒める。
3.周りに火が通ってきたら、蓋をして完全に火を通す。
4.蓋をとって、水分を飛ば塩をふる。熱いうちにクリームチーズをちぎっておいたボウルにいれて和える。
5.仕上げに黒コショウを。一度冷やしてから食べてもおいしいです。

(このうつわのココが好き)
松村英治さんの焼締め。とてもかっこいい。取り皿にちょうどよいサイズだし、画像のように小さいおかずも段皿(リム)になっているので、かっこよく決まります。松村英治さんの納品書には「焼締四寸半段皿」と書いてあり、「焼締リム4.5寸皿」とかじゃないところが、松村英治さんらしくって、一人笑ってしまった。


とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

鮭南蛮

e0130536_11445912.jpg
うつわ:阿部春弥 白磁陽刻牡丹唐草文5寸皿(次回更新予定)

その他のメニュー:キンピラレンコン・カブの葉のおひたし・納豆・味噌汁(えのき、空芯菜・高野豆腐)・ごはん

とうもんメモ:実家の母の得意メニュー。
1年生になるまで、子供のアレルギーに「鮭」があったため、ずっと控えていたが、解禁になってから、彼女は鮭が大好きになって、鮭ホイル焼きにしてやったり、サーモンカツレツを作ったりといろんな鮭を食べさせている。喜ぶのでとても楽しい。
この我が家の定番であった鮭南蛮も今回彼女にとっては初。
6月に漬けた梅酢(梅:酢:はちみつ=1:1:1)で仕込みました。甘酢くらいでお試しください。

(材料)
・鮭  3切れ分
・たまねぎ 1/2個程度
・人参 1本
・塩 適量
・小麦粉
・梅酢 適量

(作り方)
1.鮭は水分をふきとり、食べやすい大きさにきり、塩→小麦粉をまぶして揚げる。
2.1.の熱々をスライスしたたまねぎと短冊にきった人参をいれておいた梅酢に漬ける。
3.荒熱がとれたら冷蔵庫に冷やしてどうぞ。

(このうつわのココが好き)
届いたばかりの阿部春弥さんの5寸皿。とても美しい。
阿部春弥さんのうつわは、黄磁のマスタードイエローとルリ(淡いルリもあり)、この白磁の3色展開。
その中で白のさわやかさったら、もう、ありません。この白磁のうつわをみるたび「阿部春弥さんのイメージ」と思う私。
そう、阿部春弥さん、めちゃくちゃさわやか!


とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

むかごごはん


e0130536_13462247.jpg
うつわ:林健二 象嵌飯碗(私物)

とうもんメモ:よくいくお店でむかごを発見したので、喜んで買ってきました。
むかごは、山芋の葉の付け根にできる球芽」だそうで、いわば病もの赤ちゃん。この季節にしかないお楽しみ食材のひとつですね。
夫は洗ってから乾煎りして、塩をふっておつまみにして食べるのが、昔からよく食べていた食べ方のよう。
私が子供のときは、むかごごはんか、水炊きの最後の〆の雑炊のときに、むかごと卵とじにしてくれたような気がします。
山歩きが趣味だった、父母らしいような気がします。
今日はむかごごはんで。量も適当なので、わざわざ書くほどのレシピではないと思いますが、一応念のため。

(材料)
・米2合(1.5合白米、0.5合餅米にしてみました)
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/3
・昆布 5cm角くらい
・むかご カップ1~2でお好きな量で

(作り方)
上記を普通に炊飯器で炊く。

(このうつわのココが好き)
私物で購入した林健二さんの象嵌のごはん茶碗。時々、象嵌のものをつくっていらっしゃって、とても楽しい図案のものばかり。
これは刀と手裏剣の絵が交互にはいっています。林健二さん、楽しいなー。



レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ピーマンの肉詰めトマトシチュー

e0130536_13445003.jpg
うつわ:林健二 白釉輪花6寸深皿

その他のメニュー:レンコンアンチョビ炒め・カリフラワーのホットサラダ味噌汁大根、揚げ)・ごはん

とうもんメモ:そろそろ季節終わりのピーマンをまとめて収穫したのか、たくさんいただきました。
夏の間は何回「ピーマン肉詰め」を作ったことか。
そろそろ朝晩ひんやりしてきて、スープシチューが恋しいもの。今日はトマトシチュー仕立てに。

(材料)
・ジャンボピーマン 6〜8個
・たまねぎ 1/2個
・合挽きミンチ 300g
トマト缶 1個
オリーブオイル

(作り方)
1.フープロにたまねぎの1/4個分をいれてみじん切りにしたところに、ミンチ、塩コショウも加える。
2.へたをとって、種をのぞいたピーマンの中に1.の肉餡をつめる(1.の肉餡には、ピーマンのへたもいれました)
3.厚手のお鍋にオリーブオイルを熱して、2.の肉のみえている口のところをこんがり焼き目がつくくらい焼く。
4.3で焼き目がついたら、残ったところでたまねぎ1/4のくし切りしたものを炒め、ピーマンを横に倒して、トマト缶とローリエを加える。
5.全体に火が通ったら、蓋をしてコトコト。仕上げに塩で味付け。

(このうつわのココが好き)
とにかく林健二さんのうつわは使いやすい。特に6寸サイズは、我が家にとってはとても重宝する出番の多いうつわです。
今日はちょっと深さのある6寸タイプ。この手のシチューなど汁物が少しあるものでもOKです。

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

レンコンのアンチョビ炒め

e0130536_13213731.jpg
うつわ:山本泰三 黄粉引リム小鉢

その他のメニュー:ピーマンの肉詰めトマトシチューカリフラワーのホットサラダ味噌汁大根、揚げ)・ごはん

とうもんメモ:庭のローリエの葉を持って帰る友達に教えてもらったレシピ。
ローリエを煮込み料理以外に使うイメージがなかったので、とっても開眼!という感じ。
彼女いわく「タイムでは全然違うねん。やっぱりローリエでないと!」とのこと。
早速作って以来、我が家でもすっかり定番。
また、味付けが「塩でも、しょうゆでも、アンチョビだけでも、何でもいいねん。そのあたりは好きにやって!」というところがおおらかな彼女らしい。
今日は、香り付けに鍋肌に滴々とおしょうゆを。
もちろんお好きな感じでやってください。

今日使ったアンチョビは、夫が友人家族の釣果「小鰯」で作ったもの。
これもまたうれしい。

(材料)
レンコン 1節
アンチョビ 半尾分(片身で1尾)
オリーブオイル
・しょうゆ 小さじ1/2
ローリエ 2枚

(作り方)
1.フライパンにオリーブオイルをいれて刻んだアンチョビをつめたいうちから炒める。
2.温まってきたら、薄切りにして水にさらしておいたレンコンローリエを加える。
3.途中、蓋をしてしっかり火を通す。
4.味をみて、足りないようなら味付けを。今日は鍋肌に香る程度におしょうゆを。

(このうつわのココが好き)
 山本泰三さんの黄粉引のリム小鉢。粉引とは「粉がふいたような・・・」というところから来ているとききますが、本当にこれは粉がふいているようなうつわだなといつも思います。大好きなうつわです。


レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

大根のキンピラ

e0130536_14044553.jpg
うつわ:みのる窯 窯変片口小鉢(既完売品)

その他のメニュー:豚モモ肉と白いんげん豆のシチュー・おでん残り・ゆで落花生・ごはん

とうもんメモ:一昨日から今季初おでんの我が家。
大根はかいたして2本目を投入。面取りした大根を使ってキンピラに。いつもは皮もキンピラにするのですが、今回の大根があまりフレッシュな感じではなかったので、面取りしたものだけ使いました。おいしそうな大根でしたら、ぜひ皮も。

(材料)
・大根 面取り分 または 皮
・胡麻油
・ゴマ
・テンサイ糖、酒、しょうゆ

(作り方)
1.フライパンに胡麻油を熱して、取り置いていた大根の面取り部分、皮を炒める。
2.しんなりしてきたら、テンサイ糖→酒→しょうゆで味付け。ちょっと蓋をして火を通し、水分がなくなるまで。
3.最後は乾煎りしてゴマをふる。

 ※調味料の分量はお好みで。今回は、大根の面取り2本分に、テンサイ糖小さじ1/2、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1くらいの感じです。

(このうつわのココが好き)
とても丈夫で使いやすいみのる窯さんのうつわ。特にこのくらいの大きさの片口は小鉢使いに。また、納豆を混ぜたり・・・と我が家ではとても重宝しています。

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります


とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

アスパラとハムのサラダ(キヌア)

e0130536_14191125.jpg
うつわ:後藤睦 ボウル(サクラ)

その他のメニュー:ナスと鶏モモの炒め煮・ほうれん草アーモンド和え・昨日のさつまいもの白和え・味噌汁(にら、ちくわ)・ごはん

とうもんメモ:友達のブログにてタブレ(タブリ?)というサラダにはまっているという話が書いてあり、野菜は何でも。キヌアのかわりに押し麦でも、クスクスでも何でもよいと書いてあったので、私も早速キヌアで作ってみました。この日もプチトマトでもあったらよかったんだけど、アスパラとハムしかなく、あと1品何にしようと困り果てて「あ、キヌアがあった!」と和えてみたもの。
これが、すだちとオリーブオイルと塩で和えたんですが、まあ、すだちがすっきりしておいしかったこと。

ちょっと調べてみましたら、タブレ(タブリ?)は中東のパセリとキヌアを使ったサラダのようです。

この夏はこのキヌアを使って、きゅうりやトマトをざくざくきってたくさんサラダを食べました。
キヌアも栄養価が高いそうです。これからは常備乾物となりそうです。

(材料)
・アスパラ 1束
・ハム 5枚
・(他、あればトマトなどの野菜があればおいしい)
・キヌア 大さじ2程度
・a すだち 3,4個(なければレモン1/2個程度)
・a オリーブオイル 大さじ1
・a 塩 小さじ1/3程度

(作り方)
1.キヌアは小鍋で10分ほどゆで、ザルにあげておく。
2.アスパラもゆでる。
3.食べやすい大きさにきった野菜とアスパラ、ハムをボウルにいれて、aで和える。

(このうつわのココが好き)
後藤睦さんのシンプルな形が美しいボウル。現在長い間、入荷待ちです。お待たせしているお客様。本当にすみません。




レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

さつまいもの白和え

e0130536_13294128.jpg
うつわ:阿部春弥 私物

その他のメニュー:レンコンの鉢蒸し・ピーマンちくわ・味噌汁(ナス、揚げ)・ごはん

とうもんメモ:鳴門金時レシピまだまだ続く・・・
今日も過去の履歴から、白和えを。
いつもは、無水鍋で少量の水で蒸し煮みたいにして、さつまいもを茹でるのですが、今日はお湯をたっぷり用意してゆでたら、色も悪く、食感も蒸し煮にしたほうがホクホクしておいしいことを発見してしまった。
やっぱり、さつまいもは蒸し煮だなぁと実感。

(材料)
・鳴門金時 1本
・木綿豆腐 1/2丁
・a ゴマ 大さじ2
・a テンサイ糖 小さじ1
・a しょうゆ 小さじ1
・a 塩 ひとつまみ

(作り方)
1.さつまいもは1cm弱の輪切りにして茹でるか、蒸し煮にする。
2.しっかりと水切りした豆腐とaをすり鉢にいれてよく混ぜ、和え衣を作る。
3.1.の荒熱がとれたら、2.に加えてよく和える。

(このうつわのココが好き)
今度お取引いただけることとなった長野で作陶されている阿部春弥さんの小鉢。とても使いやすく、毎日のように愛用。
納品が待ち遠しいな。とはいえ、皆様にご紹介できるのは、来年になりそう。気長にお待ちいただけたらと思います。



レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります


とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

さつまいものバルサミコはちみつ


e0130536_14105162.jpg
うつわ:廣谷ゆかり 私物

その他のメニュー:シカク豆の豚肉まきまき・いんげん胡麻和え・冷奴・味噌汁(揚げ、白菜)・ごはん

とうもんメモ:このくらいの季節、毎年さつまいもばかり料理しているなー。
次は何をつくろうかなと過去の自分の投稿をみてみたら「バルサミコはちみつ」を発見。
こちら  過去の自分にThank you! という気分で早速作りました。
前回のときは素揚げにしていたようですが、今回は油多めで揚げ焼きに。
仕上げに パセリもふってみました。
レシピ等は前回のをご覧ください。

(このうつわのココが好き)
廣谷ゆかりさんのなんとも愛嬌のある太っちょ千鳥。バタバタと飛ぶ大きな音が聞こえてきそうでとても愛らしい。


レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります






とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ


最新の記事

里芋のトマト煮
at 2017-01-26 14:08
レンコンのクリームチーズ和え
at 2017-01-12 16:29
鮭南蛮
at 2016-10-21 11:54
むかごごはん
at 2016-10-19 13:55
ピーマンの肉詰めトマトシチュー
at 2016-10-17 13:53

検索

画像一覧