暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
うつわや店主の日々ごはん

カテゴリ:ウチごはん( 910 )

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

きゅうりのタイ風ぱりぱり

e0130536_15491949.jpg
うつわ:水谷和音 変形小皿(灰)

その他のメニュー:すずきのムニエル・小松菜とちくわのピーナツ和え・冷奴・味噌汁(わかめ、たまねぎ)・とうもろこしごはん

とうもんメモ:友達のインスタグラムに上げられたお弁当おかずに縞々にかわいい感じに皮を剥かれた↑のようなきゅうりのおかずを発見し、早速、何がはいっているか聞いてみたところ「ナンプラー、レモン汁、ゴマ油、ゴマ 以上」とのこと。
全部材料があったのでとりあえずナンプラー小さじ1、胡麻油小さじ1で作ってみたところ家族に「なんか味がたりんね・・・」とのこと。
今回よい感じに出来たので、レシピ書いておきます。
子供も喜んでぱりぱり食べていたので、この夏、我が家の定番おかずとして頻繁に登場しそうです。
ありがとうー。

(材料)
・きゅうり 2本
・a ナンプラー 大さじ1
・a レモン汁 大さじ1
・a 胡麻油 大さじ1
・ゴマ 大さじ1~2(お好みで)

(作り方)
1.きゅうりは、縞々に皮をむいてヘタをおとし、乱切りに。
2.ボウルにa をあわせておいて1.のきゅうりをいれ、よく和える。
3.ゴマをふって、1時間ほど冷蔵庫で冷やしてから食べたほうが味がよくしみこむ。

(このうつわのココが好き)
細長くて、しっかりとしたこういうきゅうりのようなおかずのとき、そばちょこのような立ち上がりのあるものにスティックのようにさして盛り付けしたりしていましたが、何気なく手にとった水谷和音さんの変形小皿に盛りつけたところピッタリ!
「そうか、こういう細長いおかずのときには、だ円や細長い小皿があうんだ!」と気付いた次第。
うつわあわせは、まだまだ発見があって楽しいですね。

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

キャベツのぱりぱり

e0130536_15041647.jpg
うつわ:阿部春弥 黄磁木瓜小皿(私物)

その他のメニュー:揚げナスの鶏そぼろあんかけ・小松菜と豚肉のたいたん・トマトとひじきのナムル・冷奴・味噌汁(キャベツとわかめ)・ごはん

とうもんメモ:このところ私と子供のお気に入りメニュー。レシピというほどのものはなく、ザクザクきったキャベツに塩と胡麻油(またはオリーブオイル)をしてオキアミを混ぜ一晩重石をしておいたもの。
昨日はごま油でしましたが、オリーブオイルでするときは、塩をちょっぴり薄めにして、たべるときにちょっとだけかけぽんをかけて食べるのがお気に入り。
あまりに簡単なので材料・作り方等は割愛させてもらいますね。
昨日はキャベツ1/3玉くらいに、胡麻油大さじ1、塩小さじ1/3~1/2くらい、オキアミ大さじ2くらいです。ご参考までに

このうつわのここが好き:先日倉敷で阿部春弥さんのブースで購入したもの。
実は、注文もしているのだけれど、待ちきれず自宅分として「白磁・淡ルリ・黄磁」の3色買ってしまった。
これがもう、我が家の小さなおかずにピッタリサイズで毎日のように愛用中。
この形「木瓜(もっこう)」自体が好きなんだと思う。他の作家さんの小皿でも、やたら木瓜はお願いしてしまっている。
お店での販売は、まだまだお時間頂戴しそうな感じです。

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

番外編:さくらんぼゼリー

e0130536_13270970.jpg
うつわ:水谷和音 変形小皿(ルリ)

とうもんメモ:番外編。おやつ。自分のための覚書です。
毎年家の裏の親戚の木のさくらんぼ。採っていいよーとお声がかかったら喜び勇んで採ります。
たくさん採るので、食べきれずジャムにしたりしていましたが、今年はゼリーにしてみました。

初日こそ「さくらんぼ、すっぱっ!」と周りの甘さとの比較に思ったものですが、浸透圧の加減か翌日から、全体がほんのり甘くなってとてもよい感じに。
はっさくとか、柑橘にでもいけそうです。
おいしかったので、また来年も作ろうっと思い自分のための覚書です。

(材料)
・さくらんぼ 適量
・水 300cc
・はちみつ 70cc
・レモン汁 大さじ1強
・ゼラチン 5g

(作り方)
1.小鍋に水を沸かしはちみつを溶かす。
2.ゼラチンは80度以上になったら溶け固まるらしいので80度以上になったらゼラチンを溶かす。
3.レモン汁をいれて火をとめ、荒熱が冷めるまで型にいれてから放置する。
4.荒熱がとれたら、洗っておいたさくらんぼを適量いれる。
5.冷蔵庫で3,4時間。

(このうつわのココが好き)
水谷和音さんの変形小皿。ルリと灰に盛りつけてみたところ、ルリがはっとするくらい美しく、写真に撮ってみました。


レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ひよこ豆とプチトマトのサラダ


その他のメニュー:鰯のパン粉焼き・春菊ナムル・冷奴・味噌汁(わかめ、ふしめん)・空豆ごはん

とうもんメモ:豆類が大好きです。
乾物の豆は1袋まるまるいっきにゆでて、いろんな料理に変化し2,3日かけていただきます。
今回は、熱々はこのサラダに。残った量の2/3は塩麹に漬けておいた鶏モモ肉とスープに。そして最後の1/3は友達に教えてもらったフムスなるものに。
初体験、フムス。おいしかった。クセになりそう。
このサラダは熱々のときに和えておくのがコツかな。
ひよこ豆の分量により、お好きなものでお好きな分量で作ってください。基本はオリーブオイルと絞ったレモン汁とおいしいお塩しかはいってません。
今日は家にあったオリーブの新漬けもいれてみました。

(材料)
・ゆでたひよこ豆 適量
・レモン汁 1/2個分
・プチトマト 1パック分くらい
・オリーブオイル 適量(大さじ1くらいかな)
・塩 小さじ1/3くらい
・乾燥パセリ 適量
・(お好みで)オリーブなど

(作り方)
1.ゆでて熱々のひよこ豆をザルにとり、水分をきりボウルへ。
2. 1.にオリーブオイルと塩をまわしかけ、冷めたら半分にきったトマト、レモン汁、パセリ、刻んだオリーブを加えてあえる。
3.味をみて、足りないようなら塩を足す。

(このうつわのココが好き)
大好きで我が家でも購入した泰三さんのリム小鉢。たとえ、ひじき煮や切干大根のようなおかずでも、とってもかっこよく見せてくれます。
現在欠品中ですが、再発注しています(ブログ再入荷情報などで再入荷はチェックしてくださいね)

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

春菊のナムル


e0130536_16080111.jpg
うつわ:高島大樹(私物、入荷予定はありません)

その他のメニュー:鰯のパン粉焼き・ひよこ豆とプチトマトのサラダ・冷奴・味噌汁(わかめ、ふしめん)・空豆ごはん

とうもんメモ:久しぶりの更新となってしまいました。
すみません。
おいしそうな春菊を見つけたので、生でサラダにするのも大好きなのですが、今日はゆでてナムル風に。
韓国のりをつかってみました。おいしい胡麻油とおいしいお塩があれば本当に最強ですね!

(材料)
・春菊 1束
・韓国のり 3,4枚
・a 胡麻油 大さじ1/2程度(春菊の量によって調節してください)
・a 塩 小さじ1/3程度
・白ゴマ 大さじ1弱

(作り方)
1.春菊はさっとゆでて食べやすい大きさに切り、ぎゅっと水分をよく絞る。
2.ボウルに1.の春菊とa をいれて手でよく混ぜる。
3.のりをちぎって混ぜお箸で和える。
4.仕上げにゴマをふって。

(このうつわのココが好き)
個展でいただいてきた高島さんの六角。いろんな格子があって目移りします。こんな小さなおかずをいれたり、ゼリーを作ったりするときなどによく使っています。


レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

里芋のトマト煮

e0130536_13584386.jpg
うつわ:水谷和音 縞輪花4寸鉢(次回更新予定)

その他のメニュー:お揚げの餃子・ブロッコリーのツナ和え・ちりめん山椒・味噌汁(大根、わかめ)・ごはん

とうもんメモ:休日に知人のおうちに伺ったら、たくさんお野菜をいただきました。
まずは里芋。里芋は下処理があり、結構そのつど料理すると面倒なので、いっきに大鍋でゆでて、いろんな形に加工し、冷凍保存したりします。
こちらは、一口サイズに加工したものを使って。
毎回和食ベースだと私の場合、飽きてしまうので、たまにトマトソースで炊いたりしています。
今日は、ベーコンと一緒に炊きましたが、ミートボールでも鶏モモでもおいしいです。
あまったら、チーズをかけても、うちの子の場合、大喜び。

(材料)
・里芋 適量(1袋分くらいでしょうか)
・トマト缶 1個
・トマトケチャップ 大さじ1
・塩 適量
・ベーコン 3~4枚
・ガーリックオリーブオイル 適量

(作り方)
1.鍋にガーリックオリーブオイルを熱して短冊に切ったベーコンをカリカリになるまで炒める。
2.トマト缶を加えて少し煮詰める。(トマト缶の場合少し酸味があるのでお砂糖か、ケチャップを足すと酸味が和らぐ)
3.煮詰まったら、ゆでて食べやすい大きさにきっておいた里芋を加えて1煮込み。
4.仕上げに塩で味付け。パセリをお好みでちらして。

(このうつわのココが好き)
次回更新予定、水谷和音さん。とうもんでは初めてのご紹介となる熊本の作家さんです。
この4寸サイズは、ちょうどポテトサラダ一人分にピッタリ!というサイズ。とても使い勝手がよいです。
和にも洋にも重宝しそうです。
どうぞお楽しみに。


レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

レンコンのクリームチーズ和え

e0130536_16185710.jpg
うつわ:松村英治 焼締4寸半段皿(次回更新予定)

その他のメニュー:コカブとベーコンのスープ・大根カツ・ひじき煮・ごはん

とうもんメモ:久しぶりの投稿になります。すみません。
レンコンがとにかく大好きです。特にこちらでは、徳島がレンコンの産地なので、新鮮な徳島レンコンが手に入りやすく、常に冷蔵庫にある状態です。徳島レンコン、本当においしいですよね。
また、喉にもよいようなので、常に食べるのはきっといいことだ!と思い積極的に子供にも食べさせています。

お正月番組の何らかのお笑い番組(たくさん見たので忘れてしまった・・・)で、レンコンとクリームチーズはあうよ!といっていて、このようなものを作っていたので、私も早速作ってみました。レシピまではのっていなかったので、自己流ですが・・・。
ちょっと塩を利かせて、黒コショウたっぷりがおいしいかなと思います。

(材料)
・レンコン 1節
・クリームチーズ 2個(キリの小さいもの2個使用)
・オリーブオイル 適量
・塩 適量
・黒コショウ お好みで

(作り方)
1.レンコンは皮をむきスライス。しばらく酢水につける。
2.オリーブオイルを多めにフライパンにひき、1.の水を切ったものをよく炒める。
3.周りに火が通ってきたら、蓋をして完全に火を通す。
4.蓋をとって、水分を飛ば塩をふる。熱いうちにクリームチーズをちぎっておいたボウルにいれて和える。
5.仕上げに黒コショウを。一度冷やしてから食べてもおいしいです。

(このうつわのココが好き)
松村英治さんの焼締め。とてもかっこいい。取り皿にちょうどよいサイズだし、画像のように小さいおかずも段皿(リム)になっているので、かっこよく決まります。松村英治さんの納品書には「焼締四寸半段皿」と書いてあり、「焼締リム4.5寸皿」とかじゃないところが、松村英治さんらしくって、一人笑ってしまった。


とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

鮭南蛮

e0130536_11445912.jpg
うつわ:阿部春弥 白磁陽刻牡丹唐草文5寸皿(次回更新予定)

その他のメニュー:キンピラレンコン・カブの葉のおひたし・納豆・味噌汁(えのき、空芯菜・高野豆腐)・ごはん

とうもんメモ:実家の母の得意メニュー。
1年生になるまで、子供のアレルギーに「鮭」があったため、ずっと控えていたが、解禁になってから、彼女は鮭が大好きになって、鮭ホイル焼きにしてやったり、サーモンカツレツを作ったりといろんな鮭を食べさせている。喜ぶのでとても楽しい。
この我が家の定番であった鮭南蛮も今回彼女にとっては初。
6月に漬けた梅酢(梅:酢:はちみつ=1:1:1)で仕込みました。甘酢くらいでお試しください。

(材料)
・鮭  3切れ分
・たまねぎ 1/2個程度
・人参 1本
・塩 適量
・小麦粉
・梅酢 適量

(作り方)
1.鮭は水分をふきとり、食べやすい大きさにきり、塩→小麦粉をまぶして揚げる。
2.1.の熱々をスライスしたたまねぎと短冊にきった人参をいれておいた梅酢に漬ける。
3.荒熱がとれたら冷蔵庫に冷やしてどうぞ。

(このうつわのココが好き)
届いたばかりの阿部春弥さんの5寸皿。とても美しい。
阿部春弥さんのうつわは、黄磁のマスタードイエローとルリ(淡いルリもあり)、この白磁の3色展開。
その中で白のさわやかさったら、もう、ありません。この白磁のうつわをみるたび「阿部春弥さんのイメージ」と思う私。
そう、阿部春弥さん、めちゃくちゃさわやか!


とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

むかごごはん


e0130536_13462247.jpg
うつわ:林健二 象嵌飯碗(私物)

とうもんメモ:よくいくお店でむかごを発見したので、喜んで買ってきました。
むかごは、山芋の葉の付け根にできる球芽」だそうで、いわば病もの赤ちゃん。この季節にしかないお楽しみ食材のひとつですね。
夫は洗ってから乾煎りして、塩をふっておつまみにして食べるのが、昔からよく食べていた食べ方のよう。
私が子供のときは、むかごごはんか、水炊きの最後の〆の雑炊のときに、むかごと卵とじにしてくれたような気がします。
山歩きが趣味だった、父母らしいような気がします。
今日はむかごごはんで。量も適当なので、わざわざ書くほどのレシピではないと思いますが、一応念のため。

(材料)
・米2合(1.5合白米、0.5合餅米にしてみました)
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/3
・昆布 5cm角くらい
・むかご カップ1~2でお好きな量で

(作り方)
上記を普通に炊飯器で炊く。

(このうつわのココが好き)
私物で購入した林健二さんの象嵌のごはん茶碗。時々、象嵌のものをつくっていらっしゃって、とても楽しい図案のものばかり。
これは刀と手裏剣の絵が交互にはいっています。林健二さん、楽しいなー。



レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ピーマンの肉詰めトマトシチュー

e0130536_13445003.jpg
うつわ:林健二 白釉輪花6寸深皿

その他のメニュー:レンコンアンチョビ炒め・カリフラワーのホットサラダ味噌汁大根、揚げ)・ごはん

とうもんメモ:そろそろ季節終わりのピーマンをまとめて収穫したのか、たくさんいただきました。
夏の間は何回「ピーマン肉詰め」を作ったことか。
そろそろ朝晩ひんやりしてきて、スープシチューが恋しいもの。今日はトマトシチュー仕立てに。

(材料)
・ジャンボピーマン 6〜8個
・たまねぎ 1/2個
・合挽きミンチ 300g
トマト缶 1個
オリーブオイル

(作り方)
1.フープロにたまねぎの1/4個分をいれてみじん切りにしたところに、ミンチ、塩コショウも加える。
2.へたをとって、種をのぞいたピーマンの中に1.の肉餡をつめる(1.の肉餡には、ピーマンのへたもいれました)
3.厚手のお鍋にオリーブオイルを熱して、2.の肉のみえている口のところをこんがり焼き目がつくくらい焼く。
4.3で焼き目がついたら、残ったところでたまねぎ1/4のくし切りしたものを炒め、ピーマンを横に倒して、トマト缶とローリエを加える。
5.全体に火が通ったら、蓋をしてコトコト。仕上げに塩で味付け。

(このうつわのココが好き)
とにかく林健二さんのうつわは使いやすい。特に6寸サイズは、我が家にとってはとても重宝する出番の多いうつわです。
今日はちょっと深さのある6寸タイプ。この手のシチューなど汁物が少しあるものでもOKです。

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ


最新の記事

きゅうりのタイ風ぱりぱり
at 2017-06-02 16:03
キャベツのぱりぱり
at 2017-05-24 15:12
番外編:さくらんぼゼリー
at 2017-05-17 13:36
ひよこ豆とプチトマトのサラダ
at 2017-05-15 12:58
春菊のナムル
at 2017-05-11 16:19

LINKS

◆とうもんWORKS
・店主WEBSHOP
・店主日記
・MYレシピブック


◎お気に入りブログ
(excite以外)
・ストウブ生活

検索