暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
うつわや店主の日々ごはん
とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ひよこ豆とじゃがいものスープ

e0130536_1014862.jpg

うつわ:十河隆史 粉引取り鉢(既完売品・入荷予定アリ)

その他のメニュー:レタスの塩こぶ煮・湯豆腐・ごはん

とうもんメモ:夫が出張で不在だったので、ごはんは子供が比較的パクパク喜んで食べる大好きな「芋・豆・ウインナー」という最強アイテムでスープ。
うちの子、本当に豆類、イモ類大好きです。

(材料)
・ひよこ豆 ゆでておいたものカップ2程度
・ウインナー 5,6本
・じゃがいも 1個
・玉ねぎ 1/4個
・チキンコンソメ
・オリーブオイル

(作り方)
1.オリーブオイルを熱して串切りにした玉ねぎを炒めて角切りにしたじゃがいもを加える。
2.ウインナーとひよこ豆を加えてひよこ豆のゆで汁とお湯とチキンコンソメを加えてコトコト。

(このうつわのココが好き)
十河隆史さんの作り手により自然にかけられたような風合いの器を日常使いにより汚れ・染みなどを含め使い手の生活の中で育っていくような「粉引」が好きだとおっしゃるとおり、うちの「十河隆史 粉引」も随分と育ってきました。
現在欠品していて、リニューアルのタイミングでページから除外しておりましたが、再発注はしているので、また入荷予定です。
とうもんでも人気アイテム。お楽しみに♪

[アレルギー対応:卵除去]
チキンコンソメとウインナーは卵の使用のないものを

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります


島崎風月堂「あわそだち」・・・

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ランチ・ホウレン草カレー

e0130536_9321960.jpg

うつわ:みのる窯 青萩カレー皿(既完売品)

とうもんメモ:たくさんホウレン草をいただいたので、ホウレン草カレーを作ってみました。
とはいえ、子供があまり「カレー」が好きではないらしく(っ、そんな日本人いるんだーという感じですが)、カレー味は薄めです。辛口カレーが食べれるようになるのはいつの日やら・・・。

ホウレン草カレーは完全にホウレン草をペースト状につくってから作るときもありますが、今日はなんだかザクっとしたホウレン草カレーです。

(材料)
・ホウレン草 一束くらい
・玉ねぎ 1/2個
・鶏ミンチ 250g
・カレー粉 大さじ1(大さじ3くらいが適量かと思います)
・オリーブオイル
・ケチャップ、とんかつソース 各大さじ1程度
・ヨーグルト 大さじ3
・りんご1/4個

(作り方)
1.ゆでたホウレン草はフードプロセッサーにかけて細かくしておく。
2.フープロでみじん切りにした玉ねぎをオリーブオイルで炒めてカレー粉も炒める。
3.鶏ミンチも加えてぽろぽろになるまでよく炒める。
4.3.にホウレン草、ケチャップ、とんかつソース、ヨーグルト、りんごを加えて煮詰める。
5.塩コショウで味付け。その後各調味料で足りない味を調節する。

(このうつわのココが好き)
みのる窯の定番だったカレー皿。
最近この手の青萩のものは余りつくってらっしゃらないそうです。
私はこのカレー皿が大好きで、ランチ使用率も非常に高い。実は4枚購入して揃えています。
また作ってもらいたいなー。

[アレルギー対応:卵除去]
卵白など使用のないカレー粉使用。

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

朝食・キナコマフィン(卵なし)

e0130536_10263974.jpg

うつわ:一和堂工芸 漆6寸パン皿

とうもんメモ:正月の鏡餅の残りやいただいた小餅など冷凍していたお餅をキナコ餅にして食べるのが2歳半の娘の中でとっても「ヒットメニュー」だったようでせっせと朝食に家族全員「餅」を食べていましたが、とうとうなくなり、のこった「砂糖入りキナコ」をもてあまし、そのままマフィンにいれてみました。

(材料)
・小麦粉 200g
・キナコ(砂糖入り) 20g
・ベーキングパウダー 5g
・干しぶどう 大さじ3
・なたね油 大さじ3
・砂糖(テンサイ糖) 30g
・牛乳 200cc

(作り方)
1.小麦粉とキナコとベーキングパウダーをふるっておく。
2.1.に砂糖と牛乳をいれてよく混ぜる。
3.2.に油をいれてよくまぜ、干しぶどうを加える。
4.紙を敷いたマフィン型(または分量外の油をぬった)に生地を6等分していれる。
5.170度で20分オーブンで焼く。

(このうつわのココが好き)
朝食に毎日のように使う漆のパン皿。子供のおやつ皿としても大活躍しています。
いい色になってきました。

[アレルギー対応:卵除去]
卵なしでもふんわりマフィンです。食べる前に30秒ほどチンするとほくほくでよりおいしいです。

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

チーズカツレツ

e0130536_9134783.jpg

うつわ:安齋 新・厚子(入荷予定アリ)

その他のメニュー:水菜とちくわのたいたん・空豆とじゃがいものスープ・ごはん

とうもんメモ:豚モモ薄切り肉の間にスライスチーズを挟んでこんがり焼いてみました。
これ、とってもおいしくて家族にも好評(←って毎日こう書いてますね、私のモチベーションを下げないために家族は「おいしい!」とわざといってるのかも・・・?)
パリッとできあがるのでお弁当にもオススメかも。

(材料)
・豚モモ薄切り肉
・スライスチーズ
・パン粉
・塩コショウ
・オリーブオイル
・水:小麦粉=1:1くらいの割合でといたもの

(作り方)
1.豚モモ薄切り肉は水分をよくふきとってから塩コショウをする。
2.スライスチーズを半分にきったものを豚モモスライスのうえにのせ、もう一枚の豚モモスライスを上からのせる。
3.2.を小麦粉と水をといたものにくぐらせパン粉をつける。
4.フライパンに多めのオリーブオイルを熱して3.を焼いていく。

※ケチャップをつけて食べました。付け合せはブロッコリーで。

(このうつわのココが好き)
とってもレトロ感があり、それでいて新しい安齋新・厚子さんのリム皿。
黄色身を帯びたアイボリーはとっても新鮮な気持ちがしました。
お取引していただけることになり、秋くらいには入荷できそうです。気長に(笑)お楽しみになさってください。

[アレルギー対応:卵除去]
衣を卵なしで小麦粉と水でつくりました。

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

鶏肝とじゃがいもの洋風煮込み

e0130536_9562890.jpg

うつわ:高田志保 米釉ボウル(更新予定)

その他のメニュー:芽キャベツとマッシュルームのシチュー・ぶりの照り焼き・湯豆腐・ごはん

とうもんメモ:どちらかというと貧血気味なので肝を定期的に食べるように心がけているのですが、いつもしょうがたっぷりでしょうゆで甘辛く煮付ける・・・という感じでした。
今日はだし汁が切れていたので、チキンコンソメでちょっと違った風につくってみたら、とっても食べやすい!じゃがいももおいしくって癖になりそうです。見た目はイマイチですが・・・。ローズマリーとかいれたらおいしいと思います。

(材料)
・鶏肝 250g
・じゃがいも 大1個
・牛乳
・チキンコンソメ
・りんご 1/4個

(作り方)
1.鶏肝はきれいに洗って適当な大きさに切り、ヒタヒタに牛乳に一晩浸しておく。
2.1.をきれいにあらって、角切りにしたジャガイモと一緒にヒタヒタのお湯とチキンコンソメと一緒に炊く。
3.すりおろしたりんごを加えてコトコト。

(このうつわのココがすき)
高田志保さんの米釉のうつわ。ふわっとかわいくピリッとしまっている・・・。高田志保さんのうつわはその「ピリッ」と具合と「ふわっ」と具合が絶妙のような気がします。

[アレルギー対応:卵除去]
チキンコンソメは卵白の使用にないもの。

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

芽キャベツとマッシュルームのシチュー


e0130536_10571812.jpg

うつわ:黒木泰等 飴釉カフェオレボウル(更新予定)

その他のメニュー:ぶりの照り焼き・鶏肝とじゃがいもの洋風煮込み・湯豆腐・ごはん

とうもんメモ:先日TJかがわさんの取材を受けた際に「見本」としてもって来られていた「TJかがわ」をちらっとみたら、家の近くにできて気になっていた「春日水神市場」の掲載記事があった。
「うわ、ここどんなんですか?気になってたんですー」と記者さんに聞いてみたら、オーガニックの野菜や食材を扱うお店で併設のオーガニックレストランがあるとのこと。
早速いってみて、いろんなかわった野菜を発見。
というわけで芽キャベツ購入 1袋130円也。安い・・・。

早速厚切りベーコンを買ってきてシチューにしてみました。

(材料)
・芽キャベツ 10個くらい
・ホワイトマッシュルーム 6.7個
・厚切りベーコン 1枚
・玉ねぎ 1/2個
・コンソメのもと
・オリーブオイル

(作り方)
1.オリーブオイルで厚切りベーコンをいため、串切りにした玉ねぎもいためる。
2.マッシュルームと芽キャベツをいれて、お湯とコンソメをいれコトコト。

※クルトンとか用意して置いたらいいかなーというお味でした。

(このうつわのココが好き)
届いたばかりの黒木泰等さんのカフェオレボウル。
とっても凛としてカッコイイうつわなので、かっこよく写真も撮りたいなという思いと、花柄クロスでかわいくとってみても素敵かも?!試してみたい!!という思いで、今日は花柄バージョン。
黒木泰等さんの飴釉は黒土と使っているのと、確か、下地に黒くなる釉薬をかけていらっしゃるそうで、濃いところは漆黒の黒。表面は茶色の飴釉・・・というとってもシックなうつわとなっています。
次回更新予定です。

[アレルギー対応:卵除去]
ベーコンとコンソメは卵白の使用のないものを。


↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

初めてのバレンタイン「チョコクッキー」

e0130536_10375099.jpg

うつわ:icura工房 菓子皿(トチ・未発表)

とうもんメモ:2歳8ヶ月の子供と初めてお父さんにバレンタインクッキーを作りました。
例年バレンタインには「ガトーショコラを作る。」、クリスマスには「りんごとくるみのケーキ」、夫の誕生日には「チーズケーキ」・・・というように結婚して以来10年余り習慣としてあったのですが、子供が卵アレルギーで、かつ、いろんなことが年齢的に自分でもわかるようになってきたので、親だけ別のもの・・・というのがなかなかむつかしく、卵なしレシピを考えていたところ、教えていただきました。

が、よくわからず、あいまい量で適当に作ったので「作者の意図」とは少々違うできになったかもしれません。
そのあたりはご愛嬌ということで。。。

(材料)20個分くらい
・板チョコ 1/3枚
・ココア 5g
・小麦粉 135g
・バター 90g
・砂糖 25g

(作り方)
1.バターをレンジで40~50秒で溶かす。
  (板チョコも同じく溶かす)
2.1.に砂糖をいれる。
3.2.にふるった小麦粉をいれる。
4.3.を20等分する。
5.170度で15~20分焼く。

※うちはなんだかドロドロの状態になってしまい(板チョコが多かったと思われる)、生地を丸める・・・というのが大変むつかしく、かなりやわらかい生地でした。
子供が張り切ってやるというので、「丸めてよ」といって渡したところ。

「くりゅーくりゅー」といいながら丸めていたのにこんな状態に。
e0130536_10483786.jpg


かなり「えっー!!!」という状態でしたが、子供には力加減というものがないことを認識(笑)。
方針を変更して私が丸めたものを天板においてもらうことに。
が、重ねて重ねておくので、団子のようになっていました。
これをなんとか分離してこんな状態。
e0130536_10503746.jpg


これでホントに大丈夫か?!

という状況でしたが、なんとか外はふわっと中はパリっと(普通は外はカリっと、中はふわっとだよね)というへんなクッキーが焼きあがりました。

お味はもちろん溶けのこっていたチョコの食感もあり大変おいしかったです。
撮影していたら、いつものごとく
走ってきてこんな状態。
e0130536_10525275.jpg

ご機嫌さんでした。

アレルギーがあってもクッキーがつくれてとってもよかったです。

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

水菜とアゲの煮びたし

e0130536_9473382.jpg

うつわ:余宮 隆 刷毛目小鉢(既完売品)

その他のメニュー:黒カレイの煮付け・湯豆腐・納豆・味噌汁(大根、わかめ)・ごはん

とうもんメモ:いつもの水菜のおひたし。
本当に水菜っておいしいですよね。うちはアゲなど出汁の出ないものをあわせるときは「オキアミ」か「ちりめんじゃこ」を一緒にいためてから作ります。
こういうおかず、なんてことないおかずなんですが、夫が大好きなので我が家でよく登場します。

(材料)
・水菜
・アゲ
・オキアミ
・ごま油
・だし汁
・テンサイ糖、酒、しょうゆ

(作り方)
1.ごま油を熱してオキアミを炒め香ばしい香りがしてきたら水菜の茎をいためる。
2.砂糖→酒→しょうゆ、をいれてヒタヒタ量のだし汁をはり、油抜きしておいたアゲを加えてふたをする、。
3.フタから湯気があがってきたら水菜の葉を加えて一混ぜ、フタをして火をとめる。

(このうつわのココが好き)
また余宮 隆さんの刷毛目を入荷してくださーい!!というリクエストが多いこの小鉢。
入荷した中でも一番最初に完売したアイテムです。
我が家でもこういうおひたし系のオカズが多いので、とってもよく登場します。
本当に野菜の色がきれいに見えますね。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし


↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

by reikonmail | 2010-02-17 09:53
とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ランチ・白菜と鶏のトロトロうどん

e0130536_9234840.jpg

うつわ:山本泰三 鉄錆深鉢

とうもんメモ:何しろ白菜がたくさんいただいてあります。せっせと白菜を食べる毎日。
その中でこれは白菜は相当消費できるし、白菜はトロトロで鶏から出汁がでるのか極ウマで家族全員大好評でした。なんといっても手がかからないのがいいです。

(材料)
・冷凍うどん
・白菜 小1/2個
・鶏胸肉 1枚
・酒 1カップ
・塩
・黒スリゴマ
・ごまラー油

(作り方)
1.白菜は芯のところは縦に長めの短冊に。葉のところは大きめに切る。
2.厚底鍋に白菜をいれて鶏胸肉をのせ酒をふってフタをして弱火でコトコト。
3.白菜量が1/3くらいになり溶けてトロトロになったら鶏はとりだして裂き(または包丁で薄切り)、塩でしっかり目に味付け、冷凍うどんをそのまま投入してフタをしてさらにコトコト。
4.うどんが食べれる状態になったら、鶏をもどしてうつわに盛ってスリゴマをトッピング。
5.大人はごまラー油をのせて。

※味付けは塩のみ。野菜の水分と冷凍うどんの水分があるので塩はしっかり目に。
野菜の量はうちは22cmのストウブ鍋で作りましたが、白菜が上までいっぱいくらいでしたが、溶けて本当に少しになります。なので野菜は大きめに切ってくださいね(葉なら10cm角くらい)

(このうつわのココが好き)
どんな量でも、どんな麺類でも、それなりにかっこよく盛り付けできる山本泰三さんの麺鉢。重ねて収納できるのがこの形の麺鉢の優れたところですね。
とっても人気で在庫残り1客になっています。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

里芋のミートソース和え

e0130536_9471214.jpg

うつわ:みのる窯 片口(既完売品)

その他のメニュー:白菜と平天のとろとろ煮・納豆・湯豆腐・ごはん

とうもんメモ:里芋レシピ続く・・・
ランチにミートソースをたくさん作っていたので、あまったソースにゆでた里芋を絡めて煮込んでみたところ、里芋のホクホク、ソースの甘さが感じられとってもおいしかったです。

ボリュームおかずでしたが、みんなパクパク食べました。

(材料)
・ミートソース
 (玉ねぎ1/2、人参1本、合挽きミンチ250g、オリーブオイル、小麦粉大さじ1、チキンコンソメ、赤ワイン、トマト缶1/2個)
・下茹でしておいた里芋

(作り方)
1.オリーブオイルでみじん切りにした玉ねぎ、人参をよく炒め、ミンチ肉を加える。
2.小麦粉大さじ1程度を振り入れて、赤ワインをいれて煮詰める。
3.トマト缶をいれてよく混ぜ煮詰める。水分がたくさんでてきたらチキンコンソメも加える。
  水分が少ないようならお湯も少々足す。
4.塩コショウで味付け。途中隠し味にトマトケチャップ、とんかつソースなど少々いれる。

5.ゆでておいた里いもをミートソースを入れた小鍋に加え、水分がなくなるまでよく和える。


(このうつわのココが好き)
10年近く前、初めてみのる窯さんに伺った際にいただいた片口。
一人分づつの煮物をもったりするのにもちょうどよく、我が家でずっと愛用しています。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ


最新の記事

里芋のトマト煮
at 2017-01-26 14:08
レンコンのクリームチーズ和え
at 2017-01-12 16:29
鮭南蛮
at 2016-10-21 11:54
むかごごはん
at 2016-10-19 13:55
ピーマンの肉詰めトマトシチュー
at 2016-10-17 13:53

検索

画像一覧