暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
うつわや店主の日々ごはん

菜の花のナムル

e0130536_9513690.jpg

うつわ:山本泰三 黄粉引リム小鉢

その他のメニュー:里芋と豚肉の味噌炒め・湯豆腐・ごはん

とうもんメモ:大好きな菜の花の出回る季節になってきました。
うれしいな。
菜の花をいただいたらだいたいするレシピ
ナムル→ペペロンチーノ→からし酢味噌和え→白和え→キッシュ etc・・・

今年はいいペースで上記レシピを消化しつつあります。
白和えやナムルはしょうゆなしで塩味にしたほうがなんだか菜の花にあっているような気がします。
まずはナムルから。

(材料)
・菜の花
・ゴマ 大さじ5
・塩 小さじ1/2
・ごま油 大さじ1
・にんにくすりおろし 小さじ1

(作り方)
1.菜の花は5cm長さ程度にきり、少量の水と塩でフタをして蒸し煮にする。
2.フライパンにゴマを熱してすり鉢でする。
3.塩とにんにくのすりおろしを加えてさらにする。
4.ごま油を加えてよく混ぜる。
5.4.でなのはなを和える。

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります








 先週、4月にギャラリーで個展をお願いしているバッグで有名な「さとうゆき」さんが個展の打ち合わせにいらしてくださいました。

その際に差し入れしてくださったのが一番堂のもなか。
以前高松の街中のライオン通りというところに「もなかの一番堂」というお店(空港ショップにも)があり、義母が大好きでよく二人で食べたのですが、今は空港も街中も撤退して残念な気持ちになっていたら、お店が今は国分寺にあるそうです。

上品で聡明。芸術家ゆえの繊細さももつさとうゆきさん。
それでいて「はっきり」されていてとってもキュートな方。
こんな女性になりたいなとあこがれる女性でありますが、ひそかに心の中で「ねえさん!」と呼んでいます。

そんな「ねえさん」いわく

e0130536_10104297.jpg
ねえさん「これ、食べたことある?」

とうもん「一番堂のもなか大好きです。」

ねえさん「普通のもおいしいけど、これもおいしいの。知ってる?自分であんをはさむやつ」

とうもん「えー知りません。」

ねえさん「もう、めっちゃおいしいの。
       絶対アイス買ってきてバニラアイスとこの餡をはさんで食べて。
       それで餡があまったらトーストにバターぬって、餡のせて餡バタートーストにしてね。
       すごーくおいしいから。」

とうもん心の声は「はい、ねえさん、おっしゃるとおりに・・・」

通常バージョンはこんな風。
e0130536_101114100.jpg


もう、皮がサクサク、パリパリで今まで食べた最中の中で一番おいしかったです。
この「餡」を自分ではさむタイプの最中、よく和菓子店で見かけますが、面倒な気がしてトライしたことがなかったのですが、すごくおいしくて、開眼しました。
一番堂の最中のこの「皮」がおいしいのか、通常の店でも「自分で餡をはさむタイプ」がこんなにおいしいのか、ちょっと他店のを食べたことがないので不明ですが、とにかくおいしかったです。

ごちそうさまでしたー。

お店情報
もなかの一番堂 (こちらにもご紹介されています)
■住所 : 綾歌郡国分寺町新名1720-10
■TEL : 087-874-7008

by reikonmail | 2010-03-04 10:15 | ウチごはん
とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ
<< 菜の花のカラシ酢味噌和え an... 白菜大量消費・ピェンロー >>


最新の記事

LINKS

◆とうもんWORKS
・店主WEBSHOP
・店主日記
・MYレシピブック


◎お気に入りブログ
(excite以外)
・ストウブ生活

検索

画像一覧