暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
うつわや店主の日々ごはん

土鍋できのこごはん

e0130536_8502966.jpg

うつわ:翠信窯 信楽風抹茶碗(私物)

その他のメニュー:さつまいものスープ・ゴーヤ肉詰め・がんもとキャベツのたいたん

とうもんメモ:増田哲士さんの土鍋がワークショップが終わって手元にもどってきたので、早速きのこごはんを炊いてみました。

土鍋は、フタを含めて全体をゆっくり温めてからじっくり炊いたほうがもっちりとねばりのある米がたけると教わったので(ワークショップで)、今までは強火で穴からふつふつと湯気があがってくるまで5分くらいで加熱して、それから弱火にしていましたが、ゆっくり温めてみました。

禾さんのレシピではホタル火で30分くらいかけて温めていましたが、なんでも省略気味の私は「中弱火」で火をいれてみました。
が、やっぱり15分くらいはかかりました。
なかなか温まらない=熱容量が高いっていうことで・・・
だからおいしいお米が炊けるんですね。

まだお試しレシピです。

(材料)
・しめじ 1/2パック
・えのき 1/2パック
・舞茸 1/2パック
・こんにゃく 1/4個
・アゲ 1/2枚
・米 2合(5分ヅキ使用)
・だし汁 カップ2
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/4弱
・しょうゆ 小さじ1.5

(作り方)
1.きのこ類は適当な大きさにちぎり、えのきは切り揃える。
2.こんにゃくは塩もみしてから茹でて短冊に。おあげさんは油抜きして短冊に。
3.米は洗ってざるに30分くらいあげておく
4.鍋に米→こんにゃく→きのこ→あげをいれて調味料をいれて混ぜる。
5.中弱火でフタの穴からふつふつと湯気があがるまで火をいれる(うちはカセットコンロで15分くらいかかりました)
6.湯気がでてきたら弱火にして14分。火をとめてからそのまま10分以上むらしてしゃもじで底から一度軽く混ぜ、さらにフタをしておいておく。
e0130536_980100.jpg

↑こんな炊き上がりでした。

(このうつわのココが好き)
増田哲士さんのごはん鍋。なかなかご好評いただいております。
お豆もふっくら上手に炊けるそうですよ。私も試してみまーす。
耐火土を使用しているので、油で野菜を炒めて煮物やお汁ものもできるので、小サイズは豚汁なんかにもよさそうだし、大サイズはカレーやシチューにもよさそうです。次はさつまいもごはんに挑戦したい!

[アレルギー対応:卵・乳製品除去]
特になし
何故か子供は「おこげ」にはまり、昼から2杯もおかわりした。
「おこげいれてー、おこげ、おこげ!」と。おっさんかっーという3歳児。

応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります


Cpicon 土鍋できのこごはん by toumon

by reikonmail | 2010-09-28 09:09 | ウチごはん
とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ
<< ゴーヤの肉詰め ゴーヤと地エビのかき揚げ >>


最新の記事

LINKS

◆とうもんWORKS
・店主WEBSHOP
・店主日記
・MYレシピブック


◎お気に入りブログ
(excite以外)
・ストウブ生活

検索

画像一覧