暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
うつわや店主の日々ごはん
とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウと鶏モモのトマト煮込

e0130536_13393712.jpg

うつわ:高島大樹 白釉スープボウル

その他のメニュー:菜の花と塩こぶのナムル・クラムチャウダー・春雨サラダ

とうもんメモ:レシピ本にあった同じ組み合わせの煮込みを我が家風にアレンジしてみました。
ゴボウを下茹でしておいたので、柔らかくておいしかった。

(材料)
・ゴボウ 2本
・鶏モモ 1枚
・カットトマト缶 1個
・にんにく 1片
・塩 小さじ1/2
・しょうゆ 小さじ1
・オリーブオイル 適量

(作り方)
1.つぶしたにんにくとオリーブオイルを鍋にいれ、一口大に切り塩(分量外)をふった鶏モモを皮面から焼く。
2.ゴボウは皮をこそげ、4cm長さにきり、縦に2等分したものをゆでておき、1.に加える。
3.トマト缶を加えて、しょうゆをいれてふたをして弱火でコトコト。
4.塩で味を調整。

(このうつわのココが好き)
スープのときだけでなく、肉じゃがなどのゴロゴロ野菜の煮物にも重宝するスープボウル。
持ち手がついていると、子供は特に食べやすいようです。
現在欠品中ですが、再入荷予定ございます。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウとスペアリブの塩麹煮

e0130536_14443632.jpg

うつわ:田村文宏 鉄釉7寸皿(在庫アリ)

その他のメニュー:人参とウインナーのスープ・ズッキーニとトマトのサラダ・ごはん

とうもんメモ:Instagramで教えてもらったレシピ。
詳しいレシピは私の適当分量で。
家では玄米塩麹を使っていますが、半日以上事前に漬けておいたらお肉も柔らかくておいしいです。
本来のレシピは塩をすりこんでおくようなレシピだそうです。

(材料)
・ゴボウ 2本
・スペアリブ 400g~500g ※豚ばら肉でも
・玄米塩麹 大さじ2
・酒 1/2カップ
・水 1/2カップ

(作り方)
1.半日以上前にスペアリブに玄米塩麹をまぶしておいておく。
2.ゴボウは皮をこそげ麺棒でたたいてから食べやすい大きさに。
3.鍋に1.2.をいれて酒、水をいれてコトコト弱火で30分~40分ほど。
4.味をみて足りないようなら塩を。

(このうつわのココが好き)
田村文宏さんの印花の7寸皿です。
とっても使いやすく、魚の煮付けなどにもあい重宝しています。
こちらをご参照くださるか、メールまたは電話にてお問い合わせください。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウサラダ(豆腐マヨ)

e0130536_1128176.jpg

うつわ:蠣崎允 シャーレ(大)

その他のメニュー:コロッケ・湯豆腐・ひじき煮・粕汁・ごはん

とうもんメモ:じゃがいもストックがたくさんあったので、昨日久しぶりに豆腐マヨネーズ(こちら)を作って、ポテサラに。
そして、大量に豆腐マヨネーズができるため、いつもの定番の流れ・・・
ポテサラ→ゴボウサラダ・・・
まあ、豆腐かと思うと、カロリー低そうだし、いいかっ。

※豆腐マヨネーズ(豆腐1/2丁、白味噌・梅酢・粒マスタード 各小さじ1、酢小さじ2、なたね油大さじ1、塩ひとつまみ)


(材料)
・ゴボウ 2本分
・人参 1本分
・a 豆腐マヨネーズ 2/3カップ
・a 塩 小さじ1/4
・a しょうゆ 小さじ1/2
・カイエンヌペッパー 適量

(作り方)
1.ゴボウと人参は短冊にきって、茹でる。
2.水分をよくふいてa をあわせておいたボウルにいれる。
3.お好みでカイエンヌペッパーを。

(このうつわのココが好き)
蠣崎允さんのシャーレ。一人分ずつのこんなサラダをいれるにもピッタリ。
うちでは、よくすだちやレモンをカットして食卓にだすようなときにも使っています。

[アレルギー対応:卵除去]
豆腐マヨネーズを使用。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウサラダ(豆腐マヨベース)

e0130536_1036841.jpg

うつわ:余宮 隆 刷毛目6寸皿(既完売品)

その他のメニュー:お豆と合挽きミンチのトマト煮込み・豆腐・味噌汁(わかめ、揚げ)・ごはん

とうもんメモ:豆腐マヨネーズをベースにゴボウサラダを作りました。
今まで(普通のマヨネーズで作っていたときも)、ゴボウサラダを作ると、時間がたつと、なんだか水っぽくなって、水切りしたのにな・・・と思うことが多々ありました。

今回、茹でた野菜だけの状態の際に、ナムルのように、軽く塩とごま油をかけてもんでおくと、翌日でもすごくおいしく食べられることを発見。
これからはこの方法でいこうと思います。

ちなみに、豆腐マヨネーズは
(豆腐300g、なたね油50cc、 大さじ3、梅酢大さじ1、ワインビネガー大さじ1、メープルシロップ大さじ1、粒マスタード小さじ2、白味噌小さじ1、海塩 ひとつまみ)
で作りました。

(材料)
・ゴボウ 2本
・人参 1本
・ブロッコリー 1/2株
・a 豆腐マヨネーズ 大さじ5
・a しょうゆ 小さじ1
・a ごま油 小さじ1
・a ゴマ 大さじ2
・a 塩 小さじ1/2
・b 塩とごま油 適量

(作り方)
1.ゴボウは皮をこそげ、短冊に。人参は皮をむいて短冊に。ブロッコリーは適度な大きさにそれぞれ切る。
2.1.をにんじん→ゴボウ→ブロッコリーの順に茹でて、茹で上がり熱いうちに水分をよくきって、bでもんでおく。
3.すり鉢にフライパンでいったゴマをすり、残りのaを加えてよく混ぜる。
4.2.を3.であえる。

(このうつわのここが好き)
野菜をきれいにみせてくれる余宮 隆さんの刷毛目。
大好きなうつわです。

[アレルギー対応:卵除去]
マヨネーズを使わず、豆腐マヨネーズで。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウサラダ

e0130536_1065034.jpg

うつわ:後藤 睦 ボウル(入荷予定アリ)

その他のメニュー:トマトとひじきの和え物・スズキの刺身・トマトスープ・ごはん

とうもんメモ:前日にコトコト野菜と鶏胸を炊いておいた鶏胸肉を使ってゴボウサラダ。
教えてもらった豆腐マヨネーズを思い出しつつ、2,3日で使いきれる量の豆腐マヨネーズを作って、それにプラスする形で作りました。
た、参考にした豆腐マヨネーズのレシピみたらなたね油もはいっていたのですね。
今回は油分なし・・・
ま、日によって違う感じでいいんではないかと・・・。


(材料)
・ゴボウ 2本
・人参 1本
・キヌサヤ 10本くらい
・鶏胸肉 茹でたもの1/2枚分
・豆腐マヨネーズ(豆腐1/2丁、白味噌・梅酢・粒マスタード 各小さじ1、酢小さじ2、塩ひとつまみ)
・しょうゆ 小さじ1
・塩 ひとつまみ

(作り方)
1.ゴボウと人参は皮を除き短冊に。キヌサヤや筋をとって、順番にゆでる。
2.キヌサヤは斜め細切りにする。鶏胸肉は裂いておく。
3.豆腐マヨネーズをフープロかハンドミキサーでつくっておき、ボウルにその半量程度としょうゆと一つまみの塩をあえておく。
4.3.のボウルに1.2の野菜などを水分をよくきって和える。

(このうつわのココが好き)
10月に購入した後藤 睦さんのボウル。油もすってよい色になってきました。
入荷予定アリです。どうぞお楽しみに。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウサラダ(マヨなし)

e0130536_1095047.jpg

うつわ:天霧ガラス工房 シャーレ大

その他のメニュー:白菜×豚バラ×餅かさね蒸し・湯豆腐・味噌汁(さつまいも、ネギ)・ごはん

とうもんメモ:このところ、鶏胸肉をかってきて、大きなお鍋にそのときあるお野菜や生姜などをいれてコトコト。朝食スープのベースとなるスープを作るのに凝っています。
本当にオイシイ。ちょっとおいしいお塩とかだけで味がピタっときまるし、野菜の甘さも感じるシンプルな味に仕上がります。

で、出汁をとった鶏胸肉を裂いてサラダにしたり、お昼ごはんにうどんにいれたりてよく食べます。
そんな鶏胸肉を使って作りました。

ない方はササミを生姜やネギと一緒にお酒をかけてレンジでチンしたもので十分かと。

(材料)
・ゴボウ 2本
・インゲン 1袋
・鶏胸肉 1/2枚
・白ゴマ 大さじ3
・練りゴマ 大さじ1
・上記でとった鶏スープ 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・テンサイ糖 小さじ1/2
・しょうゆ 小さじ1/2
 ※鶏スープはカツオだしでも顆粒鶏ガラスープでもあるもので代用してください。

(作り方)
1.ゴボウは短冊にきって水にさらしてさっとゆでる。インゲンもさっとゆでて食べやすい大きさに。
2.鶏胸肉は食べやすい大きさに裂いておく。
3.フライパンでゴマをいってすり鉢にて摺り、練りゴマ→温めたスープをいれて練りゴマがペースト状になるようよく混ぜる。
4.3.に砂糖→しょうゆ→塩をいれてよくまぜ、水気をきったゴボウ、インゲンと鶏胸を加えて和える。

(このうつわのココが好き)
一人分ずつのサラダを盛るにもちょうどよい天霧工房さんのシャーレ大。
こういうの、男性って好きですよね。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし。
マヨネーズが使えないので、練りゴマベースに作りました。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります


Cpicon ゴボウサラダ(マヨなし) by toumon

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

ゴボウサラダ(マヨなし)

e0130536_9273774.jpg

うつわ:左藤玲朗 オリーブフリット小鉢

その他のメニュー:鯵塩焼き・ひじきゴマ煮・冷奴・味噌汁(もずく、三つ葉)・玄米ごはん

とうもんメモ:もともとそんなにマヨネーズを使う方ではなく、お好み焼きのときや、マカロニサラダのようなメニューのときに使う程度だったのですが、子供が卵アレルギーで一緒に家族と同じものを食べるようになってから、ますますマヨネーズ率が下がりつつあります。

が、たまにはゴボウサラダとか、マヨネーズがあったら簡単にできそうなメニューも食べたくなったり。
練りゴマとポン酢で代用。
これ、結構いけてます。

翌日あまったサラダは、野菜と一緒にピザ生地に乗っけて朝食にしました。

(材料)
・ゴボウ 2本
・人参 1本
・a 練りゴマ 大さじ1
・a テンサイ糖 小さじ1
・a しょうゆ 小さじ1
・a ポン酢 小さじ1

(作り方)
1.ゴボウは皮をこそげ短冊に。人参も皮をむいて短冊に。
2.少量の水でフタをして蒸し煮。
3.水分をよく切ってa をあわせておいたものと和える。

※家の前で育ていているルッコラを添えたらゴマの香りがプラスされ、おいしかったー。

(このうつわのココが好き)
朝食のフルーツから、酢の物に和え物にとこのところ毎日愛用している左藤玲朗さんのオリーブフリット。
使うたびに「やっぱり大好きだなぁ」と感じるお気に入りのうつわです。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし
マヨネーズなしでも練りゴマとポン酢の酸味で、マヨネーズ代わりになることを発見。

Cpicon ゴボウサラダ(マヨなし) by toumon

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

朝食・ゴボウのポタージュ

e0130536_94618.jpg

うつわ:工房あめつち 飴粉引小鉢(更新予定アリ)

とうもんメモ:お正月に胃が疲れた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方にオススメ、ゴボウのポタージュ。
という私も、どうも自分の許容量以上に食べてしまったらしく、昨日は一日、胃が痛くて、寝込んでしまいました。(もう、復活していますが)

これは年末に作っていたゴボウポタージュですが、自分のために、また作って食べたい・・・。
白味噌で味付けしています。

オレンジの香辛料はカイエンヌペッパー、大人にはピリッとオススメです。

(材料)
・ゴボウ 1本
・生米 大さじ1
・白ネギの白いところ 10cm程度
・ごま油 大さじ1
・だし汁 1カップ
・豆乳 1カップ
・塩 小さじ1/3
・白味噌 小さじ2
・カイエンヌペッパー

(作り方)
1.ごま油(いつもより多めです)を熱して、皮をこそげて輪切りにしたゴボウをよく炒める。
2.米と白ネギも加えてよく炒める。
3.だし汁を入れてコトコト。
4.ゴボウが完全に柔らかくなったらミキサーなどにかけてペースト状に。
5.豆乳をいれて弱火でコトコト。塩、白味噌で味を調える。

(このうつわのココが好き)
工房あめつちさんの「飴粉引」は結晶がお花が咲いたようにみえるところがあり、とっても好き。
九谷焼の磁器に絵付け・・・のようなうつわをメインとして作る作家さんユニットですが、ご主人の作る土モノも私は大好きです。
この小鉢も、もちろん注文していますので、どうぞお楽しみに♪

[アレルギー対応:卵・乳製品除去]
特になし

応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります



Cpicon ゴボウのポタージュ by toumon

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

牛肉とゴボウたいたん

e0130536_9563881.jpg

うつわ:山本泰三 緑黒彩面取鉢

その他のメニュー:スナップえんどうの黒ゴマ酢和え・冷奴・味噌汁(じゃがいもとわかめ)・玄米ごはん

とうもんメモ:こういう何気ない「たいたん」ごはんが大好きです。
玄米ごはんが復活して、ますます、和食がおいしいと感じる今日この頃。
実家の親に「京都いったらちりめん山椒送って。」と催促して、しょっちゅう買ってもらっています。
玄米ごはんにちりめん山椒、もう、たまりません。

(材料)
・ゴボウ 1.5本
・牛コマ 200g
・しょうゆ 小さじ2
・テンサイ糖 小さじ1
・酒 1/2カップ
・だし汁 おたま2杯

(作り方)
1.ゴボウは皮をこそげささがきにして水にさらす。
2.サラダ油(分量外)を熱して水切りした1.を炒めお肉を加える。
3.お肉のうえに砂糖→酒→しょうゆを加えて出汁をはる。
4.コトコト。

(このうつわのココが好き)
煮物鉢にとっても使いやすいこの鉢。ちょっとかさ張るような煮物でも、平たい盛り鉢に盛るより、このいわゆる大き目ボウルに盛ったほうがしっくりくる・・・というのを発見してから、このボウルの登場率がとっても高いです。うちの食卓テーブルが丸テーブルで直径が小さいからかもしれませんが・・・。

[アレルギー対応:卵・乳製品除去]
特になし

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります


このレシピこちらから保存もできます。
Cpicon 牛肉とゴボウたいたん by toumon

うちの観葉植物・・・

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ

牛肉とごぼうのたいたん

e0130536_831569.jpg

うつわ:みのる窯 窯変変形鉢(私物)

その他のメニュー:揚げ大根ちりめんおろしかけ・味噌汁(さつまいも)・ひじき煮・ごはん

とうもんメモ:なんてことないいつものおかず。
ごぼうと牛肉をあわせるのが私はとっても大好きです。

(材料)
・ごぼう 2本
・牛肉切り落とし 250g
・白ネギ 1本
・ごま油
・てんさい糖、酒、しょうゆ
・水菜
・だし汁

(作り方)
1.ごま油を熱してささがきにしたごぼうをいためる。
2.1.に牛肉を広げて砂糖→酒→しょうゆをいれてだし汁をヒタヒタにはる。
3.白ネギをたっぷりのせてフタをしてコトコト。
4.うつわにもって水菜をトッピング。

(このうつわのココがスキ)
一人分づつのおかずを盛るとなんだかリッチな気持ちにさせてくれるみのる窯の窯変シリーズ(ナラ灰)の中鉢。煮豆を家族分盛る・・・という使い方にもいいけれど「リッチ使い」も大好きです。

[アレルギー対応:卵除去]
特になし

↓応援お願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ

レシピブログに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです!とっても励みになります

とうもん 今日のごはん レシピ TOPへ


最新の記事

LINKS

◆とうもんWORKS
・店主WEBSHOP
・店主日記
・MYレシピブック


◎お気に入りブログ
(excite以外)
・ストウブ生活

検索

画像一覧